パンパンのお腹

こんばんは。

ストレッチを始めた頃の私は、どこを押されても痛みがありました。柔軟性もなかったのですが、手首、脇腹、肩、顎、腰まわり、膝、足の親指と小指など、押すと痛いところだらけでした。

痛い箇所が減ってきたのは、ストレッチが特別ではなく日常になった頃だったと思います。

 

お客様が、上手く体を動かせない時、動かせない原因を指で押すことがあります。

体をつついただけで「痛っ!」と痛さにびっくりされます。

よく、「癒着」という表現をされている治療家の方を見かけますが、私が感じている感触が「癒着」なのか分かりませんが、痛い箇所は指で押さえ難く、骨の上の脂肪がゼリーのようにブルブルした感触があります。

肋骨から骨盤までの腹部は、骨がありませんが、指で押すと太い筋肉にあたったり、指がお腹に落ちていくように入っていくことが、私は、普通と思っています。

でも、多くのお客様お腹は、鉄の板のような固い箇所があったり、お腹の表面がパンパンに張って、指が入りません。特にみなさんの指は使いやすい指の状態ではないことが多いので、お腹をほぐす前に指が痛くなると思います。

いきなりお腹をほぐさず、自分で足首や手首を優しく動かすことで、お腹は柔らかくなることがあります。

時々、人にほぐしてもらうことも良いことですが、一番ほぐれるのは、自分で考えて自分で動かすことです。

「考える」自分から逃げずに「自分のことを考える」ことが一番大切です。

もし、レッスンで私にほぐしてほしいと思ったら、レッスンの2、3日前から簡単なストレッチをしてください。

脳と体をつなげて、ほぐされる準備をしていると、想像以上の効果がありますよ 😉 

 

このサイトをフォローする!