体に意識を向けることができるには

こんにちは。
ストレッチインストラクターのちさとです。

日本中にスポーツトレーナーが勧める体操があふれていますね。
皆さんは、本や、テレビ、YouTubeなどを見て、自宅でのトレーニングに取り入れていますか?

「動画を見てやってみたけど、筋肉痛になった」とか
「ヒザが痛くなった」とか
「気分が悪くなった」とか
「上手に真似ができないから楽しくない」など
いろいろお話を聞く機会があります。

小さい時から運動が習慣になっている大人は、本やYouTubeなどの動画を見るだけで上手に真似ができると思います。
なぜ上手に真似ができるか、皆さんは分かりますか。
日頃から体を動かしている人の関節をさわると、ころっころっと動きます。
体のどこを触ってもフワフワとやわらかく、力がぬけていて、姿勢が美しいです。
そんな人は40歳になっても50歳になっても、小学生の時と同じように体を動かすことが楽しいと思います。

今、流行りのトレーニングの動画を見て真似をしたい人は、体中を触ってみてください。
骨か筋肉かわからないところはないですか?
少し押しただけなのに痛いところはないですか?

それは、動かさないことで固まってしまった筋肉が原因です。
そして、固まった筋肉は、押しても揉んでもほぐれません。(強く言いたい)
一番大切なことは、「自分の体は自分で動かす」です。

手を上にあげて腕を伸ばした時、お腹の筋肉は伸びますか?
このお腹の筋肉が伸びることを感じられる人は、大丈夫!
感じられない人は何を真似しても良い結果は出ません。
時々、流行りの本をもってきて、「簡単にできるって書いてるけど、ぜんぜんできひんねん。どうやったらできるようになるの?」って相談を受けることがあります。

できない理由は、
体中にある筋肉に意識を向けることができないから。
意識できないのは、体が固まっているから。

やわらかくなる方法があるなら、何でもいいと思います。
やわらかくするのも意識です。

StretChisatoのレッスンでは体に意識を向ける方法を一生懸命お伝えしています。

いろいろな情報に惑わされない軸のしっかりした心と体を手に入れませんか。
皆さんのお越しをお待ちしております。

このサイトをフォローする!