正座ができない

こんばんは。
ストレッチインストラクターのちさとです。

正座ができないお悩みについてお話ししますね。

正座ができない人に、考えてほしいことがあります。
「正座をすると痛いと感じる場所はどこですか?」
足の甲、ヒザ、外くるぶし、など痛い箇所をあげられると思います。
まずは、いろいろな箇所の痛みをなくすことから始めた方が良いと思います。
正座をした時、外くるぶしが痛い人は、
外くるぶしの骨が人より大きくなっていませんか?
大きくなっていることに気づいていない場合もあると思います。
私の外くるぶしの上にお肉はあまりのっていません。
外くるぶしがはっきりと出ています。

外くるぶしが炎症していないのにひとまわり大きくなっている人に簡単な施術を施すことがあります。
「一回触っただけで、痛みがなくなります」みたいなことは絶対言いませんが、指で押さえ筋肉を伸ばしながら関節を動かすと痛みがなくなるようです。
痛みがなくなると正座ができるようになります。

人間の体はよくできていると思いませんか。
一度、動きやすくなった関節は、どんどん動くようになって正座ができなかったことなんて忘れてしまうほどです。

痛みをとる方法は、ほかにもいろいろあります。
私は、ストレッチだけで足首が柔らかくなって、長時間の正座もしびれなくなりました。

正座ができないことひとつとっても、人それぞれの悩みがあります。
StretChisatoで、ゆっくりお話しをしながら、ストレッチしませんか。
あなたの悩みが解決するかもしれません。

皆さんのお越しをお待ちしております。

このサイトをフォローする!