施術について

リラックスをして仰向けで寝ていただきます。
まず、足首から足指の先までの関節を念入りに動かします。
足のめぐりが良い状態になってきたら、膝関節、股関節をゆっくり動かします。
筋肉を直接ほぐすのではなく、関節を柔らかくして筋肉をほぐします。

体験された方の一例

坐骨神経痛で2年以上悩んでいるお友達から相談を受けて、ストレッチを指導した時、
坐骨神経痛が痛くてストレッチどころではなかったのです。
私は、足指、足裏、足甲、足首を念入りに動かしてほぐしました。
カチカチだった太腿の裏が少しづつやわらかくなりました。
そのような施術+ストレッチの指導を2回くらい行いました。
歩くのも辛いと言っていたのに、最近は、ゴルフも楽しんでいるようです。

施術内容

③~⑩項目で関節をほぐします。

①カウンセリング
②仰向けで寝ていただき、身体の固さや柔らかさや質感をチェックする
③足指、足裏、足甲、足首
④ヒザ
⑤股関節
⑥骨盤
⑦背骨
⑧肩甲骨
⑨ヒジ
⑩手首